いざなぎ流のかみ・かたち ー祈りを込めたヒトガタたちー

高知県の北東部・香美市物部(ものべ)町に伝わる「いざなぎ流」は、陰陽道や修験道、仏教、神道などの要素が混在する民間信仰です。狩猟や林業といった生業や山川と共にある暮らしの中で、病気平癒や雨乞い、家の神の祭祀など、神霊に相対しながらさまざまな祈りが込められてきました。

いざなぎ流で用いられる御幣(ごへい)は200種を超える多様なもので、太夫と呼ばれる宗教者によって切り出されます。その特徴のひとつに「ヒトガタ」の御幣があり、目や口、角、時には手足も持ち、御幣そのものが方位神や精霊を表すこともあります。

これらはかたちとしては可愛らしさや美しさを見せながら、時に凶悪な力もふるうといいます。

「紙」から切り出されさまざまな「神」に連なる御幣の世界。 またそれらを伝えてきた、いざなぎ流や物部の世界。 かたちに込められた祈りを想いつつぜひご覧ください。

会 期2024年4月20日(土)〜7月21日(日)
時 間9:30~17:00 *最終受付は16:30
休館日毎週月曜日
*4月29日(月)、5月6日(月)、7月15日(月)は開館し翌火曜日が振替休館
会 場横浜人形の家 2階 多目的室
観覧料大人700円・小中学生350円
*入館料(大人400円・小中学生200円)含む、未就学児は入館料および観覧料無料
主 催横浜人形の家
協 力高知県立歴史民俗資料館/いざなぎ流と物部川流域の文化を考える会/香美市教育委員会物部分室


ワークショップ① 「ものべのもののけ」 缶バッジづくり

物部に伝わる神や物の怪のイラストで缶バッジをつくります(イラスト提供 「ものべ民話と歴史の会」©伊井みどり氏)

日時 / 5月3日(金祝)10:00~12:00・13:00~16:00
参加費 / 300円 *当館入館チケットも必要   会場 / 横浜人形の家 3階イベントスペース
定員 / 50名  申込 / 当日随時受付


ワークショップ② 紙から生まれるカミと飾り 「いざなぎ流太夫さんに学ぶ御幣切り」

森安正芳氏(いざなぎ流太夫)、小松昌裕氏 *完成した御幣はお持ち帰りいただけます 

日時 / 6月15日(土) 10:00~12:00   参加費 / 3,000円 *本展の当日チケットも必要 
会場 / 横浜人形の家 4階あかいくつ劇場ホワイエ   定員 / 22名
申込 / 事前申込 *5月18日(土)10時より当館Webページより申込受付開始


トークイベント① 「物部の民俗といざなぎ流」 

松尾恒一氏(国立歴史民俗博物館教授)

日時 / 5月11日(土) 14:00~16:30   参加費 / 500円 *本展の当日チケットも必要 
会場 / 横浜人形の家 4階あかいくつ劇場  定員 / 120名
申込 / 事前申込受付中 *以下のボタンから申込フォームページに進めます


トークイベント② 「いざなぎ流のひとがた御幣と祭文」 

小松和彦氏(国際日本文化研究センター名誉教授)

日時 / 5月26日(日) 14:00~15:30   参加費 / 500円 *本展の当日チケットも必要 
会場 / 横浜人形の家 4階あかいくつ劇場    定員 / 120名
申込 / 事前申込受付中 *以下のボタンから申込フォームページに進めます


トークイベント③ 「いざなぎ流の祈祷と神楽」 

梅野光興氏(いざなぎ流と物部川流域の文化を考える会) 「いざなぎ流の神楽と神がかり」
山本ひろ子氏(成城寺小屋講座/和光大学名誉教授) 「青ヶ島の読み上げ祭りと巫女」

日時 / 6月15日(土) 14:00~16:30   参加費 / 1,000円 *本展の当日チケットも必要 
会場 / 横浜人形の家 4階あかいくつ劇場   定員 / 120名
申込 / 事前申込 *5月18日(土)10時より当館Webページより申込受付開始



ページ上部へ