アクセシビリティポリシー
Accessibility

基本的な考え方

横浜人形の家ウェブサイト(以下当サイト)では、障害者・高齢者のウェブサイトの利用に配慮する指針である日本工業規格「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第 3 部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、ウェブアクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。

また、当サイトは、総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016 年版)」に基づいた企画・制作・運用の管理、及び職員に対する継続的な教育による運用ルールの遵守により、ウェブアクセシビリティの維持・向上を目指しています。

当サイトで提供する情報やサービスは、誰もが支障なく快適に利用いただけるように、以下の方針で運用していきます。

対象範囲

https://www.doll-museum.jp/配下のウェブページ
※対象外とした範囲、また今後の対応については、本ページの「例外事項」に記載しています。

試験実施期間

2022年3月1日から2022年4月15日まで

目標とする達成適合レベル

「JIS X 8341-3:2016」の適合レベル AA に準拠

(注記)ウェブアクセシビリティ方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016 年 3 月版」で定められた表記による。
URI: http://waic.jp/docs/jis2016/compliance-guidelines/

ウェブアクセシビリティ検証結果

JIS X 8341-3:2016 附属書 JB に基づく試験結果表示

例外事項

対象範囲外とするウェブページ、コンテンツ

  • ウェブコンテンツ管理システムを用いて作成していないコンテンツ(一時的なキャンペーンページやシステム向けのページなど)
  • 過去のお知らせやイベント情報の中で、専ら周知を目的としその目的がすでに完了されており、かつ当該記事自体が記録用として残しているもの (例開催が終了したイベントや 1 年以上前のお知らせなど)
  • Google マップ、Facebook、Twitter、YouTube などの外部サービスに付随するウェブページ、画像、動画など
  • html、css、JavaScript 以外の技術を用いているページ
  • PDF、Excel、Word などの文書ファイル

対象範囲外とするウェブページ、コンテンツの今後の対応

今回対象外としたウェブページ、コンテンツの中で、閲覧頻度の高く重要なものについては優先的に順次対応し、対応困難な場合には、代替手段を講じるよう努めます。

お問い合わせ先

丹青社・東急コミュニティー共同事業体
メールアドレス: info@doll-museum.jp

改定履歴

  • 2022 年 4 月 15 日 制定



ページ上部へ